結婚して4年… 不妊治療をして1年… おなじ思いで悩む人の応援になればとはじめました。 あたしは高プロラクチン血症&排卵障害です…
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


AIH(人工授精)について
2007年05月22日 (火) | 編集 |
あたしの通っているクリニックの方法です。

まず、エコーで排卵日を予想して、AIHの日を決めます。

その当日、本当はクリニックにて精液を採取するのが

一番いいのですが、無理な場合は、あらかじめ渡された容器に

入れて持っていきます。

精液を採取してから2時間以内にお願いしますと言われます。

その後、精液を濃縮し、運動が良好な精子を回収するために

パーコールという液をまぜて遠心分離します。

この方法では精液に混じった細菌や赤血球や白血球も

取り除きます。さらに精子洗浄培養液で洗浄します。

この処理をしている間、1時間くらいロビーで待っています。

あたしは、暇なのでお気に入りの雑誌をもってよくいきます。

処理が終了したら、診察室に呼ばれ、今回の精子の運動率など

説明をしていただきます。

その後、処理した精液を 細管(やわらかいチューブ)に入れ、

子宮の内腔に注入します。

注入に要する時間は1~2分間です。

その間、痛みなどの苦痛はあたしは今のところ4回とも

ありませんでした。

注入後は約30分程安静にしてから、帰宅します。


1.jpg


人工授精受精ではなく、あくまで授精です。

少し、先生に助けてもらうだけで、最終的な受精は

自分たちの力になります。少し確立が上がるだけです。

でも、あたしはかすかな確立にかけて頑張っています。

今回で4回目人工授精AIH)です。

現在は、高温期中で結果待ちです。

うまくいくといいなぁ~ハート

女性がきれいになる方法←お願いぽちっと押して見てみてあ





↑もしよろしかったら
 ぽちっとお願いします

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。